So-net無料ブログ作成
検索選択

busy. [映画]

この週末、
いつにも増して忙しかった……

突然ですが、
車を買いました。
ダイハツのミラ。色はピンク
(←ホントはローズなんとかって色らしい)
人気色らしいので、
納車は3月中旬になるようですが。

実は今乗ってる車が、
最近突然
ガクッと燃費が悪くなったんです。
よりによって、この
ガソリン高騰の真っ只中にですよ!

で、
もうすぐ車検もくるし
しかも今の車、相当古いし
(←何しろ中古で買ってるし)
4月1日を超えると
また自動車税支払い対象になっちゃうし……
ということもあり
この土日で即決契約。

販売店の方から
「決断早いですね~;;」
と、ビビられてしまった。苦笑。

んで、更に
母から突然
映画に行くぞ!」
との呼び出しがあり
(←ウチの母はいつも突然)
家族で映画館に行ってきました。

母は
「陰日向に咲く」
(←母曰く、かなり泣けたとのこと。でも……泣き上戸だからな……苦笑)
私と弟は
「チーム・バチスタの栄光」
を見たんですが。

「チーム・バチスタ~」
とりあえず面白かったです。

内容の雰囲気としては
2時間サスペンスのちょい豪華版
って感じ。
でもそんなにハラハラ感はなくて
むしろ笑いの比重が
サスペンス物の割にかなり大きくて
例えば「白い巨塔」とかみたいな
重苦しいシリアス物ではないです。
(←阿部寛なんて、キャラがまるで「結婚できない男」だし)

面白いけど、でも
大きなスクリーンで見る利点
ってのは特にないと思うので
今すぐ見たい!
と思わないのであれば
テレビ放送まで待ったほうが良いかも……。

※注意!この先ネタバレあり!※




ストーリー⇒
人工心臓を使って行う心臓移植(バチスタ手術)の平均成功率は60%。だがアメリカから招聘された天才外科医・桐生(吉川晃司)と、その他6人のスタッフで行うバチスタ手術の成功率は100%。故に彼らは「チーム・バチスタの奇跡」などと呼ばれていた。
ところが、27人目の患者から突然、3例続けて術死が起こる。
ただの偶然か、医療ミスか、それとも誰かが故意に殺したのか。
神経内科医・田口(竹内結子)は、院長からその調査をするよう頼まれるが……。

キャスト(役名なんて覚えてないよ!)⇒
竹内結子:神経内科医。普段の仕事は、患者の愚痴聞き役。今回のバチスタ手術連続術死の調査を頼まれる。
阿部寛:厚生労働省の人間。院長の知り合いで、院長から頼まれ本格調査に乗り込んでくる。
吉川晃司:アメリカ帰りの天才外科医。外科助教授。今回の調査依頼の言い出しっぺ。
池内博之:病理医。術中に、心臓の切り取り場所を判断し、更に切り取り部位の組織を調べる。吉川晃司と一緒にアメリカから帰ってきた、吉川晃司の義弟。
佐野史郎:外科医。要領の悪い井川遥を快く思っていない。吉川晃司がこなければ、助教授になれていた……かも?
玉山鉄二:外科助手。佐野史郎のことをあまりよく思っていない。
田口浩正:人工心臓の担当。
田中直樹:麻酔担当。
井川遥:看護師。所謂、医師にメス等の器具を渡す担当。術死が始まった27人目からバチスタ手術に関わり始めたが、前任者に比べ要領が悪い。

上記がストーリーの主要人物。

で、
いきなりオチから云ってしまうと

犯人は麻酔担当の田中直樹。
患者を殺した理由は
みんなの慌てふためく様を見るのが楽しいから。

だったんだけど。

しかし、判らなかったのが、
●何故、27人目からなのか?
●慌てふためく様を見るのが楽しい、と思い始めたきっかけは?
●麻酔担当は忙しいと云っていたが、つまりバチスタ手術以外の手術麻酔も担当している?(バチスタ手術以外でも患者を殺しているのでは?)

あと、実は
吉川晃司は視界の下半分が見えない目の病気だった
ってことが途中で判明するんだけど、
●手術の録画映像の、一体何処で竹内結子たちはそれに気付いたのか?
これがさっぱり判らない。
マジで、竹内結子たちが吉川晃司に「下半分が見えないんですね?」みたいなこと云いだした時、最初は何のこと云ってるのか全然判らなかった;;
これ、本気で誰かに説明して欲しい!

というわけで、
映画の総合評価は75点。
キャストがベテラン揃いなので
そつがないなぁ、という感じはした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
RSS RSS1.0 | RSS2.0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。